リフレソールについて

リフレソールは、フェライトと銅板の入ったインソールです。

フェライトから常時発生する磁石の力で足裏の血行を促進し、銅板が持つ抗菌消臭効果でいやなにおいの元となる雑菌を殺菌する管理医療機器です。

また、インソールは、サラン素材のメッシュ加工なので通気性があり、靴の中はいつもサラサラ。

長い間立ち仕事の方、足のむくみや疲れをいつも感じている方、足のニオイが気になる方など、多くの方々に最適です。

足は第二の心臓とも言われ、リフレソールを足裏に敷いて血行を改善し、健康で明るい生活を実現しましょう。


 

リフレソール紹介ビデオ

 

商品の開発経緯

2年ほど前になりますが、銅板・磁石を用いた手製インソールの効果に「これはいい!」と実感し、商品化を思いつきました。試行錯誤をかさね、100人を超える方々に試作品を使っていただいたところ、「足のニオイが消えた」、「一日中立ち仕事をしても足がむくみにくい」、「冷え性が改善された」、「肩こりがほぐれた」など、多くの“喜び”の声が寄せられました。

「作ってよかった!」・・・わたしはこのリフレソールを、自信をもっておすすめします。

(リフレソール開発責任者)

 

商品の特長


 

◆磁石のパワー、その秘密とは?

生体に磁気を作用させると、新しい電気が発生し、血液中に電流が生じます。すると、血液中のイオンの動きが活発化し、血液の流れが良くなります。

本商品は、第二の心臓と言われる「土踏まず」部分に、磁気を当てることによって、血行を促進し、冷えの解消、肩こりの改善、足のむくみ、疲れ防止に効果をもたらします。

磁気と血行のお話し

 

 


血流促進効果実験結果 

 


◆銅のパワー、その秘密とは?

銅は、金属のなかでも抜群の導電率を持ち、電子機器に欠かせない部品です。

また、熱伝導率も高く、鍋などの調理器具に使われています。さらに、銅には抗菌効果があり、病原性大腸菌O-157 などに対する高い殺菌効果が実証されています。

本商品は、「つま先」部分に銅板を入れることによって、足先から発生するニオイの元となる雑菌を滅菌し、消臭効果をもたらします。

 

抗菌防臭効果実験結果 


 


殺菌銅Cu+マーク使用認定許可取得

リフレソールで使用している銅板がICA(国際銅協会)のCu+マーク使用認定の許可を取得しました。

ICAでは、数年前から銅の持つすぐれた殺菌特性を利用した製品にCu+というマークを付けて、市場の拡大に努めています。Cu+マークは、その製品が殺菌銅であることを世界共通で明確にする品質の証です。

この度、日本銅センターより、ICAとCDA(銅開発協会)が定めた要項に準じているとして、このマークを正式に使用できることになりました。

 

ダチョウとリフレソール

弊社社長は革製品のマイスター爬虫類革製品のマイスター(革職人)であり、世界的なブランドメーカーに対しても製品を提供しております。

 

爬虫類の革の中でも、ダチョウ革は、オーストリッチとも呼ばれていて、傷も少なく高級牛革の カーフスキンやワニ革と同じくらい価値があるとされています。
また、ダチョウはもともと足が強く、その革は抗菌性があるとされており、今回の新製品リフレソールは、足裏から健康にをモットーとして開発した経緯があり、ダチョウを基調としたロゴを採用することにしました。

このダチョウマークが目に入ったら、リフレソールを思い出して下さいね!

 

リフレソール、その名前の由来

ある日のこと、知人のE氏から、「良いのができたから使ってみて」と一対の靴の中敷きをいただいた。

聞けば、足のニオイが消えるうえに疲れにくいらしい。それはマジックだ!とさっそく使ってみると、たしかにそんな気がして心が晴れた。「ゴルフなんかにも良いですね」・・・後日、わたしは使用後の印象をE氏に告げた。

すると、氏は少々照れながら、「これに名前を付けてほしい」とのたまうではないか。予期せぬことに二の句が継げなかったが、元来そうしたことは嫌いではなく、「考えてみましょう!」と引き受けた。夜に日を継いで考えた。

ブランドコンセプトは、「足を爽やか、軽やかにする」。脳裏に浮かんだ漢字は、「快」「爽」「清」「癒」「休」「軽」「好」・・・。

そして、さらに考えた。この商品は世界が相手だ、そうであれば英語が良い。

「靴のなかを爽やかにする中敷き」→「リフレッシングインソールrefreshing insole)」→「リフレソール(REFRESOLE」。

こうして、わたしはこの魔法の道具の名付け親になった。

 

                    木原知己

                     早稲田大学大学院法学研究科非常勤講師

                     センチパートナーズ株式会社代表取締役